So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ハイブリッドたち (その5) [集めたボールペンの紹介]

今回はハイブリッドの中でも、美しいという表現にふさわしい
シリーズである「ハイブリッド〈絹物語〉」を紹介します。

いわゆる、メタリック系インクのゲルボールペンですが、
全20色に日本の伝統色の名が付けられた物となります。
紹介するにあたりネット情報を探してみました。廃盤ボールペン
としては結構情報が多く、人気の高い商品なのだと思われます。
これらの情報を並べて見ます。
 ・1998年に期間限定で発売。(100円税別)
 ・翌年の99年には廃盤。
 ・20色セット(2200円税別)と5色セット(各500円税別)も発売。
 ・20色セットは箱入り。紙箱版とは別に初期には布箱版もあった。
  ポストカード5枚と切手型シールシート1枚が付属。
 ・5色セットはポストカード1枚、切手型シールシート1枚が付属。
  このセットには緑系の「翠の撰」、青系の「藍の撰」、
  赤系の「紅の撰」がある。
 ・他に3色パッケージ(プラ袋)もあった。

購入したのは『買い物報告 (未報告分 その2 大口)
で紹介したJR横浜線大口駅の「ぶんぐや」さん。
何回目かに行ったときに、バラで置かれていた物を発見。
そこに置かれていた色を全部、他のボールペンとともに
レジに持って行ったときに、バラで店頭に出していなかった、
残りの色があることを教えていただき、全20色で購入しました。
また、20色をセットで取り置くために使っていた、セット用の
紙箱もいただきました。

 ・・・文字はいいから画像を、という感じですよね。

まず、縦並びで20本(キャップ正面)。
20150630_01_01.JPG
左側10本の上部のアップ。
20150630_01_02.JPG
右側10本も同様に。クリップの商品名はベージュで統一。
20150630_01_03.JPG
キャップ横向きで左側10本。緑・青系です。
   20150630_01_04.JPG
同じく右側10本。紫から赤、赤から茶という感じですね。
   20150630_01_05.JPG
キャップを外してみました。
20150630_01_18.JPG
芯側から左の10本。
20150630_01_19.JPG
芯側から右の10本。
20150630_01_20.JPG
型番はK105-Mx。 "Mx" は色番号。頭の "M" は共通で、
"x" は1から20までの番号となります。

ここから詳細となります。シリーズの番号順に左から5本ずつ、
各部分の画像を並べてみます。

左から1~5
 番号・色名は、「1  山藍摺(やまあいずり)」、
 「2  孔雀緑(くじゃくみどり)」、「3  青竹色(あおたけいろ)」、
 「4  萌葱色(もえぎいろ)」、「5  浅緑(あさみどり)」
20150630_01_06.JPG
20150630_01_10.JPG
20150630_01_14.JPG
 美しいというしか無い色達。藍摺というのは藍の濃淡のみで
 表現する浮世絵の形式だそうです。

左から6~10
 番号・色名は、「6  藍白(あいじろ)」、「7  灰青(はいあお)」、
 「8  縹色(はなだいろ)」、「9  紺碧(こんぺき)」、
 「10 瑠璃紺(るりこん)」
20150630_01_07.JPG
20150630_01_11.JPG
20150630_01_15.JPG
 これらは「クール」という感じ。「粋」と言った方が良いのかな。
 縹とか、このペンに会うまで、文字を知りませんでした。

左から11~15
 番号・色名は、「11 紅藤(べにふじ)」、「12 藤紫(ふじむらさき)」、
 「13 菖蒲色(あやめいろ)」、「14 梅紫(うめむらさき)」、
 「15 深緋(こきひ)」
20150630_01_08.JPG
20150630_01_12.JPG
20150630_01_16.JPG
 「艶やか」という言葉を感じさせる5色。和服美人のイメージですね。

左から16~20
 番号・色名は、「16 秋桜色(こすもすいろ)」、「17 桃花色(ももいろ)」、
 「18 金茶色(きんちゃいろ)」、「19 照柿(てりがき)」、
 「20 栗皮色(くりかわいろ)」
20150630_01_09.JPG
20150630_01_13.JPG
20150630_01_17.JPG
 金茶・照柿という、好きな銅色系があります。メタリックなのに
 栗皮とか渋すぎる。なお、「16 秋桜色(こすもすいろ)」は
 和色名には無いような気がします。

インク色はこんな感じです。
20150630_01_21.JPG
正面から見るとメタリック感はないですね。
そこで斜めにしてみました。
20150630_01_22.JPG
色合いを微妙に調整しているためもあると思うのですが、
20150630_01_23.JPG
インク色と尾栓の色が一致しています。
20150630_01_24.JPG
部品の色も、微調整されたもの、ということです。
20150630_01_25.JPG
メタリック系でなく、これらの色を出してもらいたいような気も
しますが、目視だと本当にグラデーションが美しいですね。

なお、もらったセット用の紙箱の画像は以下となります。
20150704_01_01.JPG
洋菓子の贈答用の箱に見えますね。
20150704_01_02.JPG
商品名ロゴはこんな感じ。ここは石鹸のセットか?とも勘違いしそう。
20150704_01_03.JPG
開けてみました。蓋の裏面と箱の中の側面は水色。
20150704_01_04.JPG
全20色がこのように収納されるようになっています。
20150704_01_05.JPG
各色の名前が
20150704_01_06.JPG
並んでおり、
20150704_01_07.JPG
定位置に収納しなくてはいけません。
20150704_01_08.JPG
その通りにしまってみると、こんな感じになります。
20150704_01_09.JPG
20150704_01_10.JPG
インク量のバラツキが気にならないではないですが、「並べて」
楽しめる商品としては、とても良い商品だなあ、と感じます。

ここまで、拘った商品は珍しいと思います。また、そういうものを
出してくれた事に感謝したい気持ちです。
本来、実用品であるボールペンですが、宝物という感じ。
大事に(?)使っていこうと思います。
それでは。


文房具 ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。